恋愛相談からセフレに

ヤレル出会い

セフレになるためにはいくつもの方法がありますが、何はともあれ早くヤレる相手と近しい距離を保たなければなりません。
例えば異性と近い距離になるための方法の一つに、早くヤレる相手の恋愛相談に乗るということがあります。
恋愛をしているときには何かと悩みが尽きないものですし、それを誰かに相談したいと思うこともあるでしょう。
そういったことでも、自分と同じ女性の友達には話にくいということもあり、男性に相談をしたいと考える女性もいます。
また、インターネットでは早くヤレる相手の顔が見えず、自分と近しいところにはいない早くヤレる相手なので、なんでも気軽に相談をすることができるというメリットもあります。
そういった意味で、インターネットのメル友の関係というのは、身近な人にはしづらい相談をするのには適しているのです。
相談をしているうちに早くヤレる相手との距離が近づいてきて、女性のほうも男性に対して心を許すようになってくることでしょう。
そうして信頼関係が高まったときが、セフレとして関係を発展させるチャンスでもあります。
どうしても彼氏に不満があるというときに、そのことに理解を示してあげるようにすれば、女性の心も傾いていくのではないでしょうか。
些細なことでも相談に乗っていくと、そこからの発展も十分に考えられます。

時には妥協も大切

セフレを獲得するためには、時として妥協が必要です。すべての条件を満たす、理想的な女性と知り合えることはまず無いと考えて下さい。
何故なら、出会い系サイト・セフレサイト双方とも、会員の男女比率は大きく歪んでいます。良いところで8:2、酷いところでは9:1以下です。理想的な女性を得るどころか、そもそも交流の切っ掛けを得ることすら困難という現実があります。
こうした環境の中でセフレを獲得するためには、妥協だけでなく行動力が必要です。これだと決めた女性会員にのみアプローチするのではなく、気になる女性会員にも並行してアプローチを行いましょう。とにかく、交流の切っ掛けを得なければ何も始まりません。
運良く交流を得られたら、早くヤレる相手に気に入ってもらえるよう計算して行動しましょう。どうすれば気に入ってもらえるか、そのヒントは受け取ったメールに隠されています。早くヤレる相手がセフレ(こちら)に求めるものを推測し、それを持っていることを匂わせて下さい。つまるところ、早くヤレる相手にとって“理想に近い早くヤレる相手”を演じれば良いのです。
また相談事を持ちかけられた場合は、聞き手に徹した上で同調することが大切です。アドバイスは必要ありません。同調し、味方であることをアピールできれば、それで十分です。